2009年10月25日

立体視トレーニング

立体的に飛び出して見える3Dの本がありますが、これは焦点を変えるトレーニングになります。

3Dを見る方法には平行法と交差法とがあり、共に左右の目で違うものを見ることなんですが、平行法は右目で右側を左目で左側を見る、交差法はその逆で右目で左側を、左目で右側を見ます。


遠くのほうを見るときは左右の目は平行に近づきますし、近くのものを見るときは左右の目が寄った形になります。


ですので平行法では遠くを見ようとする目の焦点を近くに、交差法では近くを見ようとする目の焦点を遠くに、意識的に変化させて筋肉を使うトレーニングになります。



やったことのない人には3Dを見てもぜんぜん見えないので、3Dが見えるようになる簡単な方法をお伝えします。



【関連する記事】
posted by 大明堂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 立体視トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。