2009年10月01日

近視になるきっかけ

近視で悩んでいる方、近視を治したいと思っている方、レーシック手術を受けようかと思っている方。

簡単お手軽にできる視力回復のトレーニングをご紹介します。



近視とは簡単に言うと、目の焦点が近いままになって遠くのものが見えにくくなることです。

なぜ近いままになるのかというと、目に疲れがたまり、目の筋肉が固まって柔軟性を失うからです。


肩こりと同じで、目も疲れるとコリがたまって、焦点をあわせる筋肉の動きが悪くなります。

最初のうちは自然に元に戻るのですが、疲れたままにしておくとだんだんと元に戻らなくなり、ついには焦点が近いまま固定されてしまう、これが近視です。



ですから近視を治すには、目の筋肉を元のやわらかい状態に戻すといいわけです。


肩や足の筋肉の疲れを取るには、マッサージをしたりストレッチをしたりしますが、目も同じで目の筋肉をマッサージしたりストレッチをすることで徐々に筋肉が柔らかくなり、焦点をあわせやすくすることができます。


ではどんな方法でマッサージやストレッチをするといいのでしょうか。





タグ:近眼 近視
posted by 大明堂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングの前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130094379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。